幸せ その6 -結婚は現実です!-

幸せ その6 -結婚は現実です!- | 婚活のススメ

結婚は現実です!

重い腰を上げて婚活を始めたのが数年前のことでした。
私は病棟看護師をやっていたので、定休日はありませんでした。
だから、土日開催が多い婚活パーティには向いていません。

 

かと言って、プライドがものすごく高かいこともあり、
結婚相談所に駆け込むことは敬遠したかったのです。

 

そこで、私のペースで他の人にも知られず活動できる婚活サイトで、
お相手探しをしてみることにしました。

 

気軽に始められるけれど、結婚を視野に入れた恋愛を望んでいる人が
多いのだという印象を受けました。

 

初めてメッセージをくださった方とは、
2週間くらいでアドレスも電話番号も交換しました。
サイト内だと煩わしいこともあったので、直接の方がやはり親近感が湧きますね。
メールの印象はとてもよく、電話で話した感じも好印象でした。

 

こうなったら会ってみたいと思うのが人の心ってものですよね?
婚活って意外と楽なものなのかと勘違いしてしまうほどでした。

 

しかし、そう思っていた私が甘かったです。
実際に会ってみると考えの甘い人なのだと分かりました。

 

今すぐ結婚ということじゃないにしても、
結婚というものに理想ばかり追い求めている人だったので、
この先はないかなと思ってしまいました。

 

私は女性ばかりの職場で働いていますが、
非常に特殊な環境で男性の職場みたいなものです。

 

気の弱い人はやっていけない現場だったので、
なんとなく働いている彼の考えにはついて行けなさそうな感じがしたのです。

 

それに、彼は実家暮らしでした。
あまりにも世の中のことが分からなさすぎる人だと思い、
たった1回のデートでハッキリとお断りしました。

 

私は昔からハッキリしているんですよ。
駄目だと思ったら、どんなに好きだった相手でもすぐに関係を断ってしまうのです。
それゆえに、敵も多かったのですが…。

 

でも、結婚となればそれくらいしてもいいと思いました。
だって、結婚は現実なのですから。

 

お断りした後は、すぐに次の行動に取り掛かりました。
今度は少し学習したこともあり、
2〜3人とゆっくりサイト内のメッセージ機能を使ってやり取りしました。
早まることはせず、やり取りしてすぐの連絡先交換はしませんでした。

 

そんなこともあって、何人かは離れていきました。
それでもじっくり向き合ってみようと粘った結果、
現実主義の考え方を持つ人に出会いました。

 

彼も何度か痛い目に遭ったらしく、私と同じように行動が慎重でした。
だから、サイト内では2ヶ月くらいかけて話し合っていました。
「そろそろ電話で話してみませんか?」と彼から言われ、
漸くアドレスも電話番号も交換したのです。

 

 

穏やかなアナタと…


ホーム RSS購読 サイトマップ